1992年、愛知県岡崎市でカスタムショップ「ゼロエンジニアリング」が産声を上げた。
オートバイの総合パーツメーカー 株式会社プロトの一事業部としてスタートしたゼロエンジニアリングは、ビルダー木村信也が生み出す個性的なチョッパーによって、スタートして間もない時期から絶大な人気を博していく。
エンジンの存在感を強調するリジッドのグースネックフレームをベースとしたロー&ロングのフォルム、ハンドクラフト然としたディテールの作り込み。
和のテイストを色濃く漂わせるそのスタイリングは、当時欧米を中心にカスタムビルドのメインストリームとなっていたニュースクール=アルミビレットを多用したハイテクカスタムと対極の存在として、ワールドワイドに人気が飛び火。アメリカの名だたるカスタムショーでアワードを獲得したことも相まって、“ゼロスタイル”はハーレーカスタムのジャンルとして世界に認知されることとなった。その結果、数人のスタッフで運営する「ゼロエンジニアリング」にはオーダーが殺到、納車4年待ちという状況に陥ることとなる。
ごく一部の人だけが味わえるカスタムバイクではなく、ゼロスタイルの魅力を多くのライダーたちが共有できないか。そう考えた「プロト」は新車で購入できる市販車両の開発に着手する。※後にカスタムショップ「ゼロエンジニアリング」は、株式会社プロトより独立。
オーナーだけが満足すればいいカスタムバイクと異なり、メーカーとしての市販モデルである以上、ライディングの技量を問わない操作性や信頼性、安全性や耐久性を高い次元で実現し、なおかつ法規制に則ったものでなくてはならない。以来様々な試行錯誤と膨大な距離のテストランを重ね、2003年、ロードホッパーが誕生したのである。
  • 1992
  • 愛知県 岡崎市に株式会社プロトがカスタムショップ「ゼロエンジニアリング」を設立し、
    ビンテージバイクのカスタム開始
  • 2001
  • ゼロエンジニアリングデザイン、PLOT製造 ”ロードホッパー”発表
    クールブレーカーカスタムショーへ Type 1&2 プロトタイプ出展
  • 2002
  • 米国ラスベガス市にPLOT USA dba ゼロエンジニアリング設立 ”ロードホッパー”の組立開始。
    クールブレーカーカスタムショーへ Type 1&2 量産車出展
  • 2003
  • MC事業部及びMC開発センター設立
    ロードホッパー Type 1&2 販売開始
  • 2004
  • ”ロードホッパー Type 5”発表
    新モデル HD-EVO 及び S&S SHOVEL エンジン搭載 Type 5 発表
  • 2005
  • Type 1&2 マイナーチェンジ。2005 モデル Type 1&2 発表
    Type 5 EVO 出荷開始(4月)
  • 2006
  • Type 5 Shovel 出荷開始(8月)
  • 2007
  • Type 1&2i マイナーチェンジ。 2006 モデル Type 1&2i 発表
    EFI システム開発開始
  • 2008
  • Type 9i 開発開始。 サスペンション仕様開発開始
  • 2009
  • 愛知県 岡崎市のカスタムショップ「ゼロエンジニアリング」が、株式会社プロトより独立。
    米国オハイオ州シンシナティーで開催の V-Twin Expo で ”サムライチョッパー”発表
  • 2010
  • 米国で”サムライチョッパー”販売開始
    Type5 EVO(インジェクションモデル)出荷開始
    ロードホッパー・ヨーロッパ仕様が現地公的検査機関の認可を取得
    「ロードホッパーType5、Type7、Type8」ヨーロッパ仕様販売開始
  • 2011
  • 「ロードホッパーType9 -Shogun-」ヨーロッパ仕様が現地公的検査機関の認可を取得
    Type 1&2i(インジェクションモデル)、Type 9i出荷開始
  • 2012
  • 「ロードホッパーType9 -Shogun-」オーストラリア仕様が現地公的検査機関の認可を取得
    「ロードホッパーType9 -Shogun-」タイ仕様が現地公的検査機関の認可を取得
    「ロードホッパーType9 -Shogun-」台湾仕様が現地公的検査機関の認可を取得
  • 2013
  • Type 5 SHOVEL (1520㏄) キャブレター仕様 発表、出荷開始
  • 2014
  • Type 2i ZERO FIGHTER 発表、出荷開始
  • 2016
  • JAIA 日本自動車輸入組合の正会員となる
    Type9 EVO、Type5 EVO キャブレター仕様 発表
地を這うように身構えたフォルム。シンプルであるが故に際立つVツインエンジンの存在感。驚くほど低いシートに腰を下ろしてフォワードコントロールに足を乗せ、上半身を前傾させてハンドルグリップを握る。ライダーをその気にさせるタイトなポジション、これぞ四半世紀前からビルダー木村信也が世に問うた“ゼロスタイル”そのものだ。
ハーレーダビッドソンが1999年にリリースしたツインカム。ボアに対してストローク比が小さく、2本のカムをチェーンで駆動する最新エンジンは高回転域までのスムーズな吹け上がりが身上だが、ロードホッパーに搭載されるショベルエンジン、エヴォリューションエンジンは1936年のナックルヘッドから連綿と受け継がれる1カム/ロングストロークユニット。ツインカムのごとき高回転の伸びは望めないが、古き良きVツインならではの明確な鼓動感がそこにある。
スロットルを開けつつクラッチをミートした瞬間にグイッと尻を押し出す加速フィール、路面のコンディションがダイレクトに体に伝わる快感は、リアサスを持たないリジッドならではの特権。目の前で細かく収縮を繰り返す剥き出しのフォークスプリングが、バイクを操る歓びを与えてくれる。 この上ない個性に溢れた外観と同様、リジッドフレーム+スプリンガーフォークとショベル・エボリューションエンジンが生み出す走りは、現代のモーターサイクルでは他に類を見ない魅惑の世界。一度味わえば忘れられない衝撃がここにある。
戻る